【うつ病即突破】カリフォルニアロケットを試してみた

今回はカリフォルニアロケットについて

f:id:xmarufuji:20191107162418j:plain

 

皆さんこんにちは!

まゆりです。

 

今回はカリフォルニアロケット』について

実際に数か月間試してみたので、どのような効果があったのか

包み隠さず説明していきたいと思います。

 

何それ必殺技の名前?

NASAの新型?

 

という方………

 

 

分かります。

私も最初は主治医から聞いた時、「なにそれ怖い」以外の感想が出てきませんでした。

大丈夫です。

 

全然怪しいやつではなく、れっきとしたうつの治療方法の一つですのでご安心を。

(余計怪しい)

 

既に知ってる方も、これから処方される方という方も

「効果」と「どういう時に使われるのか」くらいは分かるようにしておきたいですね。

 

 

カリフォルニアロケットって何ぞや?

f:id:xmarufuji:20191107163744p:plain

 

まずは定義。

 

カリフォルニアロケットとは超ざっくり言うと

1つの抗うつ剤では効果がなかった人に

対する最終兵器

 

こう聞くと、なかなかすごそうですよね…

 

名前の通りロケットを打ち上げるがごとく、

うつを突破するための薬物療法なのです。

 

ロケットのように気分が上にぶっ飛んでいくので、躁転のリスクもあります。

 

しかし、うつ病にもいろいろな種類があります。

数か月休養すれば社会に復帰できる人もいれば、一生抱えて生きる人。

 

そのうつの重さによって、治療に何年もかかる人がいます。

 

カリフォルニアロケットはそういった

難治性のうつ病に対して、特に効果が期待されます。

 

 

具体的にどういう内容かというと

 

カリフォルニアロケット

1種類の抗うつ剤では十分な効果が得られない

うつ病を、異なる作用の抗うつ剤を組み合わせることでさらなる効果を図る治療方法。

 

つまり2種類のうつ病の薬をうまく組み合わせることで

不安な気持ちを抑えたり、意欲を高めることができるわけです。

 

組み合わせる薬

f:id:xmarufuji:20191107171030p:plain

 

異なる作用を持つ薬を組み合わせることで、うつ病を突破するカリフォルニアロケット。

 

その組み合わせは2種類あります。

 

  1. 「NaSSA(抗うつ薬)+SNRI(抗うつ薬)
  2. 「NaSSA(抗うつ薬)+SSRI(抗うつ薬)

 

SNRISSRIうつ病の人なら一度は聞いたことがあるかと思います。

それぞれ作用が異なる薬のカテゴリーです。

 

SNRIは脳の神経の働きを促し、神経の伝達を良くすることで、

不安な気持ちを和らげ、意欲を高める薬のこと。

うつ病・疼痛・糖尿病性神経障害・慢性腰痛症・関節症を改善する薬です。

 

SNRIの薬

 

SSRIは脳神経の働きを高め、精神活動を改善する薬のこと。

うつ病うつ状態強迫性障害社会不安障害を改善する薬です。

 

SSRIの薬

 

私はサインバルタが処方されたので、SNRIによる治療でした。

現在の日本では、SNRI型のカリフォルニアロケットが主流になってるみたいです。

 

発射に至る経緯

 

私は初診から約2か月くらいはサインバルタを単体で飲んでいました。

うつ病になってからは気持ちの落ち込みが激しくて、生活もままならない状態。

 

サインバルタを飲んでみた感想はこちら↓

www.yurugatari.com

 

 

サインバルタを飲むことによって、多少気分が上がるような感覚になりましたが

以前のようなテキパキとした生活動作は難しく、ずっとベッドとくっついたまま…

 

f:id:xmarufuji:20191107174504p:plain

 

『地球が全部このベッドの中に収まればいいのに……』

 

とても成人男性とは思えない手遅れなことばかり考えてた。

 でも、ロマンチックではある。

 

 

そしてある日の診察。

なかなか鬱の症状が改善しない私の様子を見て、

遠藤憲一似の主治医が業を煮やしたようで、ついに発射指示が出ました。

 

 ロケット発射しますね。

 

 え?

 

何が何だか分からない。

怖い。

「それは大丈夫なやつなんですか?」と言っても

「大丈夫大丈夫だいたいこれで治る」としか答えない遠藤憲一

 

そして無事、カリフォルニアロケットが発射されました。

めでたしめでたし。

 

実際に試して思ったこと

f:id:xmarufuji:20191107172700j:plain

 

私はサインバルタに加えて、ミルタザピンという薬を処方されました。

リフレックスとも言います。

 

この薬の副作用については後述します。

 

そして2種類の抗うつ剤を飲み始めて1週間。

 

すぐに気分の回復を実感!

今までやる気の起きなかったことも手につくようになり、日中も起き上がって家事ができるまで回復!!

 

カリフォルニアロケットは私のうつ病という隕石に直撃した。

こうして、無事に地球は守られたのである。

 

おかげで会社に行くのもだいぶ気が楽になり、ストレスが緩和されていくのを感じました。

 

 

ただ、なかにはカリフォルニアロケットも効かないという人もいます。

 

主治医曰く「効く人には効く。これで効かない場合は昔ながらの治療法を試すしかない。」とおっしゃっていました。

こちらについてはいつか記事を書きます。

 

副作用もある

 

うつ病に対する強力な武器、カリフォルニアロケット。

当然副作用も生半可なものではありません。 

 

私が試した感覚だと、組み合わせたことによる副作用というよりかは

それぞれ服用した薬の副作用をそのままモロに感じました。

 

体重増加

まずは体重が重くなりました。

 

f:id:xmarufuji:20191107180943j:plain

 

これはミルタザピン(リフレックス)服用者の副作用として一般的なものらしいです。

 

私も例外に漏れず、食欲が止まらないので1日3食では抑えられず、

過食気味な毎日になりました。

 

その結果、会社の健康診断では無事肥満認定されました本当にありがとうございました。

 

悪夢をみる

f:id:xmarufuji:20191102145652p:plain

 

2つ目はよく悪夢をみるようになったこと。

 

眠りに関しては、かなり悩むことが多くて睡眠薬を飲んだりしましたが、

うつが重くなるような夢を見ることが圧倒的に増えました…

本末転倒だ。

 

朝起きるのが辛い

これが個人的に一番辛かった…

 

ミルタザピン(リフレックス)を処方されたことのある方は分かると思いますが、

今まで感じたことのない強烈な眠気が

襲い掛かってきます。

 

朝目が覚めているのに、まぶたが開かない。

頭が重くて、起きるモードに切り替わってないのに強制的に起こされた感じ。

 

これが本当につらくてヤバかった…

そのため、夕食後に飲まずに、夜10時頃に飲むよう主治医から指示されました。

 

飲み方を変えた後もその眠気は酷くて、あまり変わらなかったです。

どうしても眠気はきてしまう薬なのだと思います。

 

他に以下のような副作用があります。

 

  • 目まい、ふらつき
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 便秘
  • 口の渇き

 

 

まとめ

f:id:xmarufuji:20191105143216p:plain

 

カリフォルニアロケットは、その名前のインパクトにとらわれがちですが

効果的な治療方法なのは間違いありません。

 

飲み続けても効果がない…ということもあると思います。

 

ただ、薬の組み合わせによっても当然効果は変わるので、

焦らずにじっくり体に合う薬を見つけましょう。

 

ただご覧いただいた通り、かなり一長一短な治療なので主治医の先生と

よく相談してくださいね。

あなたの体は一つしかないのですから。

 

f:id:xmarufuji:20191031191326j:plain

 

以上、また次回。