医薬品

【抗うつ剤の種類】SSRIとSNRIの違いを解説するよ!

抗うつ剤の種類

f:id:xmarufuji:20191108184821j:plain

皆さん、こんにちは。

まゆりです。

今回は『SSRISNRIの違い』について解説していきます。

ざっくり言うと、抗うつ剤の種類のことです。

ただ、処方されている薬がこの種類にあてはまる方は、

最低限どんな効果や副作用があるのかは分かっていたほうがいいと思います。

かつては抗うつ剤も副作用がかなり強い薬でした。

しかし今では適切に使えば、メリットの大きい薬になりました。

薬のことをもっと知って、うまくコントロールできるように

一緒に勉強していきましょう!

SSRIとは?

SSRI…「選択的セロトニン再取り込み阻害薬

効果が出るまでに平均2週間から2か月

    かかる。

SSRIの一例

その名の通り、脳内でセロトニンを取り込むことを阻害する薬です。

セロトニンが不足したことが原因で起こるうつ病には、優れた効果を発揮します。

SSRIは従来の抗うつ剤よりも副作用が出にくいのが

特徴。

ただし、飲み始めた時には、吐き気、下痢など胃腸に問題が起こることがあります。

また、睡眠や性機能に支障が起きることもあります。

また、SSRI離脱症状もあります。

飲み忘れたりすると、強い離脱症状がおこるので注意!

増やす場合も減らす場合も少しずつにしましょう。

SNRIとは?

SNRI…「セロトニンノルアドレナリン

    再取り込み阻害薬」

    SSRIの後に開発された。

SNRIの一例

SSRIと同様に、副作用が少ないのが特徴の比較的新しい抗うつ剤です。

SNRIセロトニンだけでなく、ノルアドレナリンにも作用します。

そのため落ち込みだけでなく、意欲の低下している人にも効果が期待できます。

ノルアドレナリン痛みを軽減する作用もあるため、

慢性的な痛み(疼痛)がある方にも使われることが

多いです。

私が処方されているサインバルタも、うつ病の患者だけでなく、外科や整形外科で

痛み止めとしてよく処方されているという話をよく聞きます。

サインバルタにを飲んでみた体感はこちらの記事で詳しく書きました。

www.yurugatari.com

また、SNRIの副作用としては

  • 不眠
  • 便秘
  • 尿閉
  • 口の渇き

などといったものがあります。

ちなみに私はこのSNRIを服用して、中途覚醒や吐き気などに一時期悩まされました…

他の薬と併用することで副作用を抑える方法を仕方なくとりましたが、

薬の影響を受けやすい人にとっては注意する必要がある薬と言えると思います。

まとめ

f:id:xmarufuji:20191107171030p:plain

現在では、効果と副作用のバランスが良い抗うつ剤として

SSRIジェイゾロフトやレクサプロ

SNRIサインバルタイフェクサー

などが良く使われています。

他にも抗うつ剤には「NaSSA」四環抗うつ薬という種類がありますが、

それはまた後日詳しく書いていこうと思います。

f:id:xmarufuji:20191031191326j:plain

それでは、また。

Copyright© まゆりのゆるがたり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.